ルート配送は、決まったルートを走って企業や個人に荷物を届ける仕事です。普通免許でも運転可能な軽トラックやライトバンでの配送もあるため、普通免許さえ持っていれば未経験者からでも初めやすい業種といえるでしょう。

ルート配送も色々

ルート配送では普通免許でも運転可能なトラックもあれば、中型トラックや大型トラックでの配送もあります。それぞれに必要な免許やメリットデメリットがあり、更に平均収入にも差が出る事もあるため、そちらをご紹介したいと思います。

小型トラックでの配達

小型トラックでの配達業務で多いのは、生協をはじめとした個人宅への食料品の配達業務です。これらの仕事は重いものを運ぶことが少なにく、比較的軽い荷物が多いです。そのため、男性はともかくとして女性ドライ…

中型トラックでの配達

ひと口にルート配送と言ってもその仕事内容は様々です。ルート配送は決められた目的地を行き来して物品を運搬する仕事なので、業種ごとに扱う物品や車両が異なります。中型トラックによるルート配送は物流センタ…

向いている人向いていない人

ルート配送に向いてる人

ルート配送に向いてない人

ルート配送のやりがい

ルート配送の求人は多数あります

ルート配送とは、毎日決まったルートを走り、個人や企業に荷物を届ける仕事です。現在はトラックドライバーの人手不足が深刻化しており、ルート配送の求人も多数あることから就職・転職のチャンスの時期です。

大型トラックでの配達

大型トラックのメリット

ルート配送には様々な車種が利用されていますが、それらの中でも大型トラックで配達する場合には数多くのメリットが存在しています。その最たるものが、容量が大きいことです。このため他のサイズのものよりもはるかに多い量の荷物を一度に運ぶことができ、配達時間の短縮や使用燃料の節約につながっていきます。運転席や助手席のスペースも広く確保できるので、複数人が乗車可能になり、疲れても運転を交代しながら配達できるのです。また会社によっても異なりますが、配達用に用意されている大型トラックには仮眠スペースが完備されているものもあります。これによって宿泊施設を利用したり、運転席で眠るなどという面倒を掛けずに、手軽に仮眠することが可能になっています。

冷蔵室と冷凍室について

ルート配送の求人に利用されている大型トラックには、通常の荷室以外に冷蔵室や冷凍室が完備されていることがあります。この冷蔵室・冷凍室では温度や湿度などの条件を設定することができ、冷蔵品・冷凍品を新鮮な状態のまま届け先まで配達することができます。特に夏場には重宝し、うだるような、外気に放っておいたらすぐさま腐ってしまうような暑さから荷物を守ってくれるのです。ただ涼しいだけではなく、この冷蔵・冷凍室には高い耐衝撃性が備わっています。そのためちょっとやそっとのことでは壊れたりせず、安心して荷物を預けることができます。また専用の器具を用いてトラックの床や壁にしっかりと固定されているので、車内の振動に影響されずに運べるのです。